「台北飯店」の砂肝焼きビーフン

 再開発前の新宿南口にあった「台北飯店」は朝の五時までやっているので、新宿で遅くまで飲んだ人間が始発を待つ避難所だった。
 ここの「砂肝焼きビーフン」は、ゴウゴウと燃えさかる火でサッと炒めた歯ごたえのある砂肝が何とも美味い逸品だった。
 この店は、その後、調布の「調布銀座」に引っ越している。

門前仲町「大坂屋」の串煮込み

 門前仲町の「大坂屋」の串煮込みは、シロと軟骨とフワの三種類。甘辛い独特の味つけである。
 昔、道玄坂の「雪国」のおババが、ここの味を真似して煮込みをこしらえたことがある。といっても、串には刺さなかった。串に刺さない串煮込みはやはり今ひとつと思った。

赤目芋

 子供の頃、お酉様の屋台でやつがしらと間違えて赤目芋を買ったら、筋っぽくて食べられなかった。
 けれども、この芋もちゃんと煮れば美味い。
 福建や台湾では赤目芋をつぶしてキントンのような「芋泥」にする。台北の「福園」で食べた芋泥には銀杏がポツリと入っていた。

広告を非表示にする

「鈴芳」の串カツ

 浅草の通称「ホッピー通り」にある「鈴芳」の串カツは、つぶしたジャガイモに葱と豚肉の串をくるんだ、いわばコロッケ・カツである。面白い。

広告を非表示にする

 G・K・チェスタトン「ポンド氏の逆説」創元推理文庫

 G・K・チェスタトン「ポンド氏の逆説」創元推理文庫

 十月末発売。乞う御期待。

 

www.tsogen.co.jp

 

 

 

ウコギ御飯

 五月、微温湯の朝食に、山で採ったウコギの若芽を炊き込んだ飯が出た。
 豆御飯のような香りがする。

広告を非表示にする

「栄川」の花見

 ゴールデンウイークに福島の微温湯温泉へ来たら、道沿いに植わっている大山桜の並木が満開になった。
 今日は暖かいから、花見をしようと思う。
 帳場にいって、「栄川」のワンカップと麒麟ビールの缶、それに少しのつまみをもらい、小盆にのせて、良さそうな枝の下へしずしずと運んでゆく。
 蕗の薹はもう背が高くなった。宿の庭のあちこちには、地面のちょうど蕗の薹くらいの高さに、カスミザクラの薄紫の花が咲いている。大山桜はソメイヨシノよりやや紅が濃く、赤みをおびた若葉と花がいちどきに出る。
 草の上に寝転んで見ると、白い雲の流れる青空を背に、こまやかな花の枝が美しい。日はもう傾いて、輝やかな日が斜めに射している。
 花盛りの桜の樹と一緒にいると、大勢の家族といるような気がする。この花がいちどきに散れば、それは寂しいことだと考えていると、風が出て来て、空が暗くなった。

広告を非表示にする