読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ナイル」のカレー

 昔、東銀座にG彫刻センターというところがあり、父親の遣いでよくそこへ行った。その帰りなどに時々、有名な「ナイル」へ行って、マトン・カレーを食べた。
 この店は店主の調子が良くて、いつも術に嵌められたような気がした。

生栗

 昔、韓国のソウルで伝統料理のフルコースを食べた時、生の栗が出て来たのをオツなものだと思った。
 生の朝鮮人参の薄切りに蜂蜜をつけたのも良かった。

広告を非表示にする

「一房」のおろしそば

 昔、池袋西口の池袋警察のそばに「一房(ひとふさ)」という小さな蕎麦屋があった。今は知る人もあまりいないが、昔の食べ物案内書には載っていたから、それなりの由緒ある店だったのだろう。
 ここは米子特産の蕎麦粉を使って、「おろしそば」や「かやくそば」など、各地の田舎そばを食べさせた。壁に日本の「そば地図」が貼ってあり、地方の特色ある蕎麦の数々を紹介していた。
 わたしは二回ぐらい行って、「おろしそば」を食べたのを憶えている。
「鍋そば」というものがあり、うどんすきのようなものだったと思うが、佐藤春夫がそれを食べている写真が飾ってあった。

干柿

 年をとって好みが変わることは、よくある。
 子供の頃、干柿はあまり食べなかったが、四十を越した頃から妙に好きになった。以前、冬に田中温泉へ行くと、時々近所の人がこしらえた干柿をどっさりもらって、堪能した。

「龍口酒家」の石橋さんも干柿を作るのが上手である。

広告を非表示にする

近刊広告/ラムとバリー

近刊広告

◆チャールズ・ラム『完訳エリア随筆』四 続篇下 国書刊行会より、五月刊行の予定。「エリア随筆」はこれにて目出度く完結ぢゃ。

 

◆J・M・バリー『ケンジントン公園のピーター・パン』光文社古典新約文庫、五月刊行予定。

「徳仙」の煮込み

 浅草の居酒屋「徳仙」は大きな穴子の天麩羅が看板だが、煮込みも美味い。「正ちゃん」の煮込みに似ている。

広告を非表示にする

「蓬萊鮨」のイクラ

 昔、渋谷でよく一緒に飲んだS山さんが、青山の「蓬萊鮨」という鮨屋へ連れて行ってくれた。牡丹餅のように大きなイクラの鮨が出て来たのを憶えている。